2021年 第 30 週( 7 月 26 日~ 8 月 1 日)

■県内概況■
 第 30 週の新型コロナウイルス新規感染者数は 377 名と、前週の 161 名の 2 倍以上に増加しました。
全国的な感染拡大が始まり、奈良県及び周辺地域においても、特に大阪など都市部を中心に、爆発的な勢いで感染者が増加しています。
奈良県では「緊急対処措置」を大阪府における「緊急事態宣言」、及び京都府・兵庫県における「まん延防止等重点措置」の実施期間にあわせて、8月31日まで延長することとしました。
緊急事態宣言適用区域など感染が拡大している地域への不要不急の往来は避け、仕事や学校でそのような地域に行くときでも、寄り道をせずにまっすぐ帰るようにしましょう。
これからお盆の時期となりますが、帰省する場合は、家族で静かに過ごしましょう。
また、普段同居していない人と、マスクを外した状態での対面や多人数での長時間の飲食は避けましょう。

■第30週のトピックス■
◆新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省)
>>詳細はこちら


【奈良県感染症情報センター(奈良県保健研究センター)より参照】
(2021年8月6日更新)