2021年 第 34 週( 8 月 23 日~ 8 月 29 日)

■県内概況■
 第 34 週の新型コロナウイルス新規感染者数は、1412 名と前週の 1156 名から引き続き大きく増加しました。
現在の感染状況を踏まえると、感染者の多くがデルタ株に感染していると考えられます。
デルタ株は感染力が強いとされており、家庭内や職場で感染を広げる可能性があります。
買い物や食事、レジャーなど、不要不急の大阪など都市部との往来は避け、仕事や学校に行くときでも、寄り道せずにまっすぐ帰るようにしてください。
また、ふだん同居していない人と、マスクをはずした状態での対面は避けるようにしましょう。
 感染拡大を抑え、換気、環境や手指の消毒、人との距離の確保、マスクを着用するなど、感染の連鎖を断ち切るよう、基本的な予防対策の徹底をお願いします。


■第34週のトピックス■
◆社会福祉施設コロナ感染対策「こんな時はどうする?」解説集(動画付き)(奈良県)
>>詳細はこちら

◆バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症(IASR Vol. 42 p155-156: 2021年8月号)
>>詳細はこちら


【奈良県感染症情報センター(奈良県保健研究センター)より参照】
(2021年9月3日更新)