2021年 第 35 週( 8 月 30 日~ 9 月 5 日)

■県内概況(新型コロナウイルス関係)■
 第 35 週の新型コロナウイルス新規感染者数は 1244 名と、前週より少なくなってはいますが、依然として多い状況が続いています。
第 35 週に実施した L452R 変異株 PCR 検査(スクリーニング検査)では、305 件のうち、約 9 割である 277 件が L452R 陽性となりました。
 県民のみなさまへ
 本県では、高い危機意識を持ち続けながら、感染拡大を抑え、全力で命を守る取組を進めるため、「緊急対処措置」を実行しています。
大阪など都市部を中心に爆発的な勢いで感染者が増加し、本県でも感染者が急増しています。
 現在の感染状況を踏まえると、感染者の多くがデルタ株に感染していると考えられます。
デルタ株は感染力が強いとされており、家庭内や職場で感染を広げる可能性があります。
また、デルタ株は入院リスクが高いとされており、一層の細心の注意が必要です。
 県民のみなさまには、引き続きの感染予防の徹底へのご協力をお願いいたします。


■第35週のトピックス■
◆知事会見「正しい情報に基づいて正しく対処 経過報告9.7」(奈良県HP)
>>詳細はこちら


【奈良県感染症情報センター(奈良県保健研究センター)より参照】
(2021年9月10日更新)